サラリーマン必見!年に一度は 働き方を振り返ってみよう

読者

会社員です。

新しい期を迎えるにあたって、個人目標の設定を上司から指示されています

とまと

年に一度、社員としての働き方を振り返るいい機会だと思います。

僕は、自分の成長を一番に考えることが大切だと思います。

ここでは勤め先での目標設定について、僕の考え方を紹介します。

この記事では

勤め先での目標設定は、「建前と本音」を分けて考える

建前は「会社の成長」を目的に設定

本音は「個人の成長」を目的に設定

目次

目標は「建前と本音」を分けて考える

僕は、会社などの組織が社員個人に課す目標設定は、建前と本音を分けて考えるべきだと考えています。

それは、組織の行動理由と個人が働く理由には解離があるからです。

組織は、組織の成長のために行動しています。

一方で、ほとんどの個人(社員)は、もっと主体的な目的をもとに働いていると思います。

つまり「会社の考え方に従うだけでは、いつまでたっても自由は得られない」ということです。

建前は「会社の成長」を目的に設定

僕は、会社に縛られない自由が欲しくて、副業ライターをしています。

いざとなれば、「会社辞めて独立できる」というオプションがあるからです。

なので、会社での個人目標は、あくまで建前で設定しています。

組織や自分の所属する部課の目標に合わせて、自分のコミットメントを設定しましょう。

仕事熱心な同僚とのエピソード

ここで、関連するエピソードを紹介します。

先日、職場の若手社員と、会社の目標についてディスカッションしました。

それは、彼があまりに会社設定の目標に対して、力みすぎていると感じたからです。

彼は大手商社での勤務経験があり、優秀で仕事熱心です。

そんな彼は、「全社目標があり、部課の目標がある。社員個人の目標はそれらに沿うように設定すべき」と言います。

正しい考え方だと思います。実際に、僕もこういう働き方を長年してきました。

でも、それでは、給料も十分に上がらないかもしれないし、自由な時間は生まれないかもしれません。

とまと

昇進・昇給には運という要素も強く影響します。

だからこそ、キャリア戦略にも、リスクヘッジという投資的な視点は重要です。

日本人の給料は上がっていない。

特に、日本では海外と比べて給与が上がらないことが問題となっていますね。

(参考記事:「平均年収は韓国以下」日本人の給料がちっとも上がっていない決定的な理由

給料が上がらなくても、やりがいを見出してがんばるという従業員の気持ちを利用しているなら「やりがい搾取」ですね。

自分が「やりがい搾取」のはたらき方をしていないか、立ち止まって考えてみましょう。

もし、自分がそのような環境にいる場合は、転職活動も視野に入れましょう。

転職にはリスクはありますが、転職活動はノーリスクです。条件が合わなければ転職をやめればいいのです。

アメリカの丸亀製麺の例

そこで、興味深い記事を見つけたので紹介します。

記事では、アメリカ進出した丸亀製麺のオペレーションについて紹介しています。

アメリカの丸亀製麺から考える日本...
アメリカの丸亀製麺から考える日本でDXが進まない本当の理由 デザイン会社 ビートラックス: ブログ アメリカで大人気の丸亀製麺のオペレーションに感じた日本との違いから考える、アメリカと日本それぞれにおける「DX」に対する根本的なマインドセットについて独自解説。そ...

現地のオペレーションは日本とはずいぶん異なっています。

日本では、一人でこなすような業務を、細分化して複数人で取り組んでいるとのこと。

しかも、人件費は日本よりかなり高め。

単純に日本人は優秀だ、といった単純な話ではありません。

日本では、安い賃金でしっかり働いてくれる日本人がいるから、企業が設備投資しない、ということを裏返しで示しています。

給料が安くても、しっかり頑張ることには、いいことばかりではなく弊害もありそうですね。

本音は「個人の成長」を目的に設定

僕は、建前の目標設定の裏で、本音の目標設定を持つべきだと思っています。

本業では、「自分の成長になるかどうか」という軸を持つことが重要です。

なりたい自分に近づくために、「自分の成長になるかどうか」という軸で本業に取り組みましょう。

挑戦する仕事を自分で選べる職場なら、自分の成長になるかどうかで、業務を選びます。

業務を選べない場合にも、自分なりの創意工夫で、成長を実感できるなら、それもよいと思います。

ただ、「同じことの繰り返しで成長を感じれない」「昇給も見込めない」のであれば、やはり転職活動も視野に入れるべきです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
とまと
ブログを書くことが好きな副業ライターです。副業ライターで、これまで20冊著書を出版してきました。普段は、本業の出版社で働きつつ、自分のペースで副業ライターをしています。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして。伊奈香澄(いなかすみ)と申します。
    現在は会社員ですが、フリーランスのライターを目指しています。ライターの記事を探す中でとまとさんの記事に辿り着きました。

    内容がしっかりしているのに、一息で読めるすっきりした文字数だったので、とても読みやすくて驚きました。

    ところで『かじとり』のかじは『梶』と書くのですね。
    恥ずかしながら初めて知りました。
    最初は誤字かと思い調べましたが、合っていることを知ってさらに恥ずかしくなりました。

    これからもとまとさんのブログを楽しみにしています。

    • コメントありがとうございます!嬉しいです。仰る通り、かじには梶と舵の字があります。会社員しながら、ライターを目指されているのですね!僕がおすすめしている働き方です。頑張ってください。応援しています。僕も皆さんに役立つ情報を発信していきます。宜しくお願いいたします。

コメントする

目次