文章が苦手な人に! ビジネス文章は 分かりやすさが9割 !文章テクニック2選

読者

文章を書くのがニガテです…。

上司に「メールが分かりにくい」と指摘されたこともあります…。

とまと

いちばん簡単にできるテクニックを2つ紹介するよ!

文章を使って仕事をしている人にも、役に立つと思います。

この記事は…

文章を書くことを苦手と感じている人メールが分かりにくいと指摘されたことがある人に!

ビジネス文章は、芸術性よりも分かりやすさが大切!

分かりやすくするためのテクニック2つ!

目次

文章力は誰でも必要なスキル!

文章力はライターに限らず、すべてのビジネスパーソンに必要なスキルです。

転職しても使えることから、ポータブルスキル(持ち運びできるスキル)の一つとも言われます。

普段仕事でメールを使っている人はたくさんいるでしょう。

オフィスワーカーでなくても、報告書や日報の提出が必要な方もいると思います。

誰でも文章力は必要なのです。

文章力はすべての人に必要!

ビジネス文章は「芸術性」よりも「分かりやすさ」

文章力といっても色々ありますね。

村上春樹さんのような文学的・芸術的な文章もあれば、新聞記者のような事実を正確に分かりやすく説明する文章もあります。

ビジネスでは、情報伝達を目的にしているため、求められる文章には芸術性は不要です。

分かりやすい文章が求められるのです。

絵はどちらもピカソの自画像です。左は18歳のころ、右は90歳のころのものです。

芸術性はさておき、左の絵のほうがわかりやすいですね。

ビジネスでは、内容が伝わることが重要で、分かりやすく書ける文章力が求められます。

ライターが、クライアントから依頼される記事も同じ。「分かりやすさ」が重要です。

芸術的(文学的)な文章よりも分かりやすさを優先しよう

分かりやすくするためのテクニック・2つ

文章が苦手な人には、「一文を短くすること」と「書いた後の音読」をおすすめしています。

たぶん、一番かんたんにできるテクニックだと思います。

テクニック1「一文を短くする」

一文が長くなるほど、複雑な印象を与えます。

理由は、主語と述語の関係が、不明瞭になるからです。

ぼくの同僚のメールは、一文が長く、しかもかなりの長文です。

何を言いたいのか、理解するのに時間がかかってしまいます。

具体例を挙げます。接続詞を加えて、適宜、文を分解すれば分かりやすくなります。

(例)一文が長い

最も重要なことは慎重さであるが、よく考えてみると慎重さだけでなく、積極性も必要であり、そうなれば、度胸や器量も要だと言えるかもしれない。

(例)一文を短く

最も重要なことは慎重さである。

しかし、よく考えてみると慎重さだけでなく、積極性も必要である。

そうなれば、度胸や器量も要だと言えるかもしれない。

テクニック2「音読する」

書くことに慣れていない人には、「書いた後の音読」もおすすめです。

音読すれば、分かりにくい箇所や、矛盾を持った箇所に気付けることがあります。

また、説明がくどい箇所にも気付けます。

先輩ライターさんの文章を音読してみてください。学びがあると思います。

文章術の本を読んでみよう

誰にも、文章に癖を持っています。

そうした文章の癖は、自分では気付けないかもしれません。

我流でライティングを学ぶ時は、間違った癖がつかないように注意することが重要です。

一冊でもいいので、文章術の本をしっかり読みこんでみましょう。あとは実践です。

おすすめはこちら。

もし、文章術の本を一冊も持っていないのなら、最初に買うのはこの本で間違いないと思います。

(文・とまと)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
とまと
ブログを書くことが好きな副業ライターです。副業ライターで、これまで20冊著書を出版してきました。普段は、本業の出版社で働きつつ、自分のペースで副業ライターをしています。

コメント

コメントする

目次