【Webライターやめとけ】ライター適性診断:ライターに向いている人・向いていない人の特徴って?

こんにちは、とまと(@Tomato_freeLife)です。

このブログでは、ライター×ブロガーのノウハウを紹介しています。

読者

ライターになりたい!でも僕はライターに向いているのかな?

「Webライターやめとけ」なんて意見も聞いたことがあります。

とまと

たしかにライターになるには、適正があります。

適性がない人は止めておいたほうがいい場合もあるでしょう。

この記事ではライターに向いている人/向いていない人の特徴を紹介するよ!

この記事は

ライターに向いている人/向いていない人の特徴を紹介します。

ライターを挑戦するかどうかに迷ったら読んでください。

目次

ライターに向いている人の特徴

  1. 文章の読み書きが好き
  2. 調べることが好き
  3. 正確な作業が得意
  4. 素直な人/精神的にタフな人
  5. チャレンジ精神がある人/興味を持ちやすい性格の人
  6. こだわりがある人
  7. 約束を守れる人
  8. 勉強を続けられる人
  9. コミュニケーション力のある人
  10. 誠実さ
とまと

ライターに向いている人の特徴は上の10個!

たくさん当てはまるほど、ライターに適性がある人だと言えます。

1.文章の読み書きが好き

書くのが仕事の職業であるため、やっぱり文章の読み書きが好きな人がよいですね。

文章が苦手な人にとっては、続けることが難しい職業とも言えます。

普段から読書習慣がある人に向いていると思います。

2.調べることが好き

「調べて書く」ことが必要な案件も多くあります。

このため、「文章が好き」に加えて、探求心があり、調べることが得意・好きな方が向いていると思います。

インターネットが発達した現代、少し調べれば見つかることを依頼者に尋ねることは、好ましいことではありません。

3.正確な作業が得意

ライターには正確性が求められます。

誤字脱字が多かったり、内容に間違いが多くあったりすると、仕事の継続的な受注は難しくなります。

依頼者に原稿を提出する前に、読み直すなど、慎重な姿勢で臨める方が向いていると思います。

4.素直な人/精神的にタフな人

依頼原稿では、何度も修正を依頼されることがあります。

何度も指摘されると、精神的にストレスを感じて嫌になる人もいるかもしれません。

依頼者からの指摘を素直に受け止められる人、そして、精神的なタフさがある人が向いていると思います。

5.チャレンジ精神がある人/興味を持ちやすい性格の人

「経験が少ない分野」や「ニガテな分野」は、どんなライターにもあります。

得意な分野だけ受注できるに越したことはありません。

しかし、スキルアップのためには、「経験が少ない分野」や「ニガテな分野」にも積極的に挑戦するチャレンジ精神は必要です。

自分の経験のない分野であっても、興味を持って取り組める人は強いです。

とまと

こういう人の成長は、本当に早いです!

6.こだわりがある人

ライターを生業としている人は、かなり増えてきています。

差別化には、「よりよい文章を納品することにこだわれる人」が強いでしょう。

何度も読み返して、分かりやすい文章を追求できる性格を持っている方は向いていると思います。

7.約束を守れる人

社会人としても当たり前ですね。

ライターにとって、決められた納期を守ることはマストです。

納期を遅れてしまうと、そのプロジェクトに関係する多くの人たちの迷惑になることを覚えておきましょう。

8.勉強を続けられる人

アウトプットを続けていくためには、勉強を続けられることが重要です。

いろいろな分野に広く興味を持って勉強を続けられる人はライターに向いていると思います。

Webライティングの分野では、SEOを勉強する必要があります。

また、医薬品や健康食品、不動産などでは、関連法規や規定に準じた執筆方法を学ぶ必要があります。

9.コミュニケーション力のある人

ライターは、クライアントの要望通りに原稿を作る必要があります。

このため、クライアントの要望を正確に聞き取る必要があります。

クライアントの中には、説明が苦手な人、言葉足らずの人、忙しくて説明に十分に時間をかけられない人がいます。

こうした場合に、ライターはクライアントの説明の行間を読んだり、意図をくみ取ったり、必要な情報を引き出したりします。

このため、ライターにはコミュニケーション力が必要になります。

10.誠実さ

ライターは、クライアントあっての仕事でありサービス業です。

サービス業の本質は、顧客満足です。

どのビジネスにも言えることかもしれませんが、

誠実に対応できる人間であることが、ライターとして続けていくためには大切なことです。

ライターに向いていない人の特徴

  1. 「ライターに向いている人の特徴」の逆の特徴を持つ人
  2. 自分の思い通りの文章を書きたい人

1.「ライターに向いている人の特徴」に当てはまらない人

当たり前ですね。

「ライターに向いている人の特徴」に当てはまらない項目が多い人ほど、ライターには向いていません。

2.思い通りの文章を書きたい人

思い通りの文章を書きたい人もライターには向いていません。

ライターの仕事は、依頼者があってのものです。

時に、自分の意に反することを書く必要もあるかもしれません。

まとめ

この記事では、ライターに向いている人、向いていない人の特徴を紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ライターに向いている人の特徴

  1. 文章の読み書きが好き 
  2. 調べることが好き 
  3. 正確な作業が得意 
  4. 素直な人/精神的にタフな人 
  5. チャレンジ精神がある人/興味を持ちやすい性格の人 
  6. こだわりがある人 
  7. 約束を守れる人 
  8. 勉強を続けられる人 
  9. コミュニケーション力のある人 
  10. 誠実さ

ライターに向いていない人の特徴

  1. 「ライターに向いている人の特徴」の逆の特徴を持つ人 
  2. 自分の思い通りの文章を書きたい人

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
とまと
ブログを書くことが好きな副業ライターです。副業ライターで、これまで20冊著書を出版してきました。普段は、本業の出版社で働きつつ、自分のペースで副業ライターをしています。

コメント

コメントする

目次