副業するならライター(Webライター)!その理由5選

こんにちは、とまと(@Tomato_freeLife)です。

このブログでは、ライター×ブロガーのノウハウを解説しています。

新人・読者さん

副業したい!何をすればいいのかな?

とまと

副業をするなら、僕はだんぜんライターをおすすめしています。
この記事では、「副業でライターをおすすめする理由」を説明するよ!

この記事はこんな人におすすめ

ライターを始めることに不安を感じている人

ライターという仕事に興味がある人

ライター初心者

バイトを探している大学生

目次

多くの人が副業する時代

終身雇用制度が事実上崩壊した今、会社員であれば安心という時代は終わりました。給料が上がるという保証はありませんし、リストラのリスクも常にあります。

会社からの給料だけで生活することにはリスクがあるのです。

政府は副業を推奨し、実際に厚生労働省の資料によれば副業者は増加しています

でも、「副業といっても何をしたらいいの」と思っている人も多いはずです。

僕は、副業するならライターをおすすめしています。

とまと

大学生のアルバイトにもおすすめ!圧倒的にスキルが身に付きます!

副業ライターをすすめる理由

僕は副業ライターをおすすめするのは、以下の5つ。

  • 「スキルが身に付く」
  • 「初期投資が少ない」
  • 「チャンスが多い」
  • 「副業バレしにくい」
  • 「節税メリット」

順番にみていきましょう。

スキルが身に付く

ライターをすると様々なスキルを実践で鍛えることができます。これらは、本業でも役に立つものばかり。

スキル概要
ライティングスキルメールや企画書、報告書など、文章を書く必要のない職場はほとんどないでしょう。
ライターを続けるとライティングスキルが高まり、本業でも差をつけることができます。
企画スキル文章を書くことは、思考を整理することでもあります。
ライターを続けることで、深く思考する習慣が身に付きます。企画書には論理展開が必要であるため、ライター業で身に付くスキルは役立つでしょう。またライターは、顧客から企画提案を要望されることがあります。実践的な企画提案の機会は、本業でもプラスの経験になります。
情報収集スキルライティングには素材集めが欠かせません。このため、インターネットで検索したり、参考書籍を探したり、著名な方にインタビューしたりと、「情報収集スキル」をフル活動させます。情報が氾濫する現在、情報収取スキルは多くの業界で必要なスキルといえるでしょう。
交渉スキルライターは、クライアントと価格や納期の交渉をします。相手の立場や、自分の置かれた状況を天秤にかけて、よい落としどころを探します。交渉スキルはクライアントだけでなく、本業でも社内の人間関係など様々な場で必要とされます。こうしたスキルは地道に経験を積むことでしか身に付きませんが、ライターをすれば機会に恵まれるでしょう。

もし、ライター業に加えて、ブログもしていれば、WordPressを扱うスキルやSEOスキル、マーケティングスキルも身に付きます。

スキルアップのためにはやらない選択肢はないでしょう。

初期投資を少なく始められる

副業には商品を仕入れたり、高額なセミナーを受講してスキルを習得したりと、「初期投資がかかる」といったイメージをお持ちの人もいるかもしれません。

数ある副業の中でも、ライター業はもっとも初期投資がかからない副業の一つだと思います。

PCとネット環境があれば、すぐに始めることが可能だからです。

チャンスが豊富にある

インターネットで情報発信があたりまえになった今、様々なWebメディアが立ち上がり、Webライティングの需要は高まっています。

クラウドソーシングサービスをつかったマッチングが普及しており、初心者や未経験者でも挑戦しやすい土壌が整っています。

副業バレしにくい

政府が副業を推奨していても、副業禁止の会社はまだまだ残っています。「副業していることがバレないかな?」と心配している人もいるでしょう。

結論から言います。

副業バレするリスクはかぎりなく低いのがライターです。

副業バレのほとんどは「誰かに話す」「住民税」のいずれかです。誰にも話さずに副業していれば、気にするのは住民税だけ。

住民税の仕組みを簡単に説明します。

住民税は勤務先企業がまとめて支払います。

このとき、勤め先が複数ある場合には、いちばん給与が多い企業に、市区町村から金額の連絡がいくのです。この時に「この社員は副業しているな」とバレてしまうのです。つまり副業がアルバイトのような「雇われ」であった場合にバレるリスクが高いと言えます。

一方でライターの場合は、雇われでなく、ほとんどが業務委託でしょう。自分で確定申告をすることになるので、副業バレのリスクはほとんどありません。

定申告はきっちりしましょうね!

とまと

確定申告はきっちりしましょうね!

節税メリットがある

もし個人事業主としてライターをしているなら、節税メリットがあります。

経費精算が認められていますし、青色申告すれば特別控除額が最大65万円もあります。

(ここは、より詳しく説明する記事を公開予定です)

デメリットもあります

メリットばかり紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

「仕事の両立はなかなか大変」「はじめは低単価の案件もある」が副業としてライターをするうえでのデメリットだと思います。

仕事の両立はなかなか大変

慣れないうちは原稿を一本仕上げるのにも時間がかかるでしょう。本業がハードワークであれば、本業と副業の両立は大変かもしれません。

しかし、ライターの業務量は基本的には自分の裁量で決められます

業務量を抑え気味にスタートして、少しずつ業務量を増やすようにするとよいでしょう。

はじめは低単価の案件もある

クラウドソーシングサービスのWebライティング案件は、単価が安いものが多いです。1文字1円未満というのもあります。

経験が少ないうちは、こういった低単価のものも、「経験を積むため」と割り切って挑戦するしかありません。

すこしずつ経験を積んで単価アップを目指します。

ブログやSNSを運用して、直接受注を目指すのもよいでしょう。直接受注には経験や専門性が必要ですが、よりよい条件での受注が可能です。

ライターがどのくらい稼げるのかは、以下の記事をお読みください。

まとめ

今回は、ライターを副業におすすめする理由としてメリット・デメリットを紹介しました。

結論として、副業ライターにはデメリットを上回るメリットがあると考えています。

ぜひ副業ライターにチャレンジしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
とまと
ブログを書くことが好きな副業ライターです。副業ライターで、これまで20冊著書を出版してきました。普段は、本業の出版社で働きつつ、自分のペースで副業ライターをしています。

コメント

コメント一覧 (2件)

    • コメントありがとうござます。このサイトで情報をどんどん加えていきます。楽しみにしていただけると嬉しいです。

コメントする

目次